2018年07月05日

防災意識を共有

「江戸川区防災会議/国民保護協議会」が開かれ、会長である多田区長はじめ、議会代表、行政、警察、消防、町会自治会など、構成メンバーが揃って、江戸川区の防災対策について協議しました。
特に、大地震、高潮浸水など、区が大きな被害を受けた際の被害状況分析、防災協力団体の役割などについて情報共有。

災害対策への取り組みは常に行われております。
shinichi⌘
image1.jpeg
posted by しんちゃん at 22:37 | 日記