2018年08月03日

利根川治水同盟

今日も厳しい暑さとなりました。

9時江戸川区役所を出発。議会、行政代表団を乗せたバスは一路、群馬県前橋市へ向かいました。

13時「第69回利根川治水同盟治水大会」出席。
治水同盟は、昭和22年に発生したカスリーン台風による甚大な被害をもたらされた群馬県はじめ、茨城、栃木、埼玉、千葉、そして東京都の利根川流域1都5県で構成され、毎年の治水大会において、堤防、護岸整備の強化促進、水防や利水事業推進などを決議!政府や関係機関に対し、要望活動を続けています。
また、第2部では【地形と水が育む都市の魅力】をテーマに、東京スリバチ学会会長の皆川典久氏による講演を拝聴しました。
流通、環境など、あらゆる面で、川は私たちの身近にあります。
関東平野を代表する利根川のさらなる安全性向上と活用は、流域に位置する自治体の命題。意義ある同盟であり、大会です。

私は、この利根川治水大会で、思い出があります。それは、若い頃から親しくお世話になり、晩年には、息子の翔一もstaffとしてご指導いただいた故樺山卓司都議会議員が長くこの同盟の会長職を務められていたことです。
大会のたびに、壇上で熱弁を振るい、利根川流域自治体、議会の連帯と国への要望を訴え、水の怖さと凄さ、そして【恵みと潤い】を呼びかけていた在りし日の勇姿を思いだします。先生が完成を楽しみにしていた【八ツ場ダム】も、いよいよ来年完成予定。
各種整備事業の進捗を、天界の彼方から、しっかり見守ってくれていると思います。

先月の西日本はじめ、集中豪雨を起因とした水害で、大きな被害が出ました。また、スーパー猛暑による渇水も懸念されています。
今後も、地域や住民と一体となった治水、利水、水防事業の強力な推進が望まれます。
shinichi⌘
image1.jpegimage2.jpegimage3.jpegimage4.jpeg
posted by しんちゃん at 22:53 | 日記

2018年08月02日

江戸川区へようこそ

友好都市「安曇野市議会」の皆さんが、小松洋一郎市議会議長を先頭に、昨年10月に改選された市議20名が来訪。友好都市江戸川区の代表施設と合わせ「東京オリンピック・パラリンピック」への取り組みを熱心に視察。
私は議長として歓迎の挨拶に立ち、「安曇野市と江戸川区の確かな交流の歴史は、そのまま両自治体、両議会発展の歴史。
これからも、未来永劫、互いに信頼の絆に基づき、次世代へとつなげられるように、友好の灯りを高々と掲げてまいりましょう。」と、さらなる結束を呼びかけました。

夜は江戸川区議会と安曇野市議会による交流会が開かれ、互いの街の近況や話題で、有意義な時間をご一緒しました。(^_−)−☆
これからも、安曇野市との関係を大切にしてまいります。
shinichi⌘
image1.jpegimage1.jpegimage2.jpegimage3.jpegimage1.jpegimage2.jpeg
posted by しんちゃん at 21:15 | 日記

2018年08月01日

清掃の現場で考える

特別区議長で構成される「清掃一部事務組合議会」による清掃施設視察が行われました。
まずは、江東区青海にある「東京都廃棄物埋め立て処分場」へ。
ここには、都内全域からあらゆるゴミが運び込まれ、中間処理されたのち、決められた場所に埋められます。平成一桁時代はゴミはそのまま埋め立てられていましたが、生ゴミは燃やし、不燃ゴミは粉砕等中間処理した後、埋め立てられています。ゴミ量はバブル期に急増し、490万トンと過去最高となりました。様々な努力の末、現在は275万トンとなりました。
続いて、「有明清掃工場」視察。
平成6年に建設された有明清掃工場は、全連続燃焼式火格子焼却炉を備え、〈ISO14001認証〉取得した環境に配慮された構造。熱エネルギーによる電力売却など、様々に配慮された工場でした。

議長会では、く東京二十三区清掃一部事務組合議会〉として、東京都のゴミ減量や再生エネルギー活用など、循環型社会づくりを目指してまいります。
また、私はゴミの集積日に近所の主婦たちが立ち話する、かつては当たり前だった光景を《ゴミニュケーション》と表現し、ご近所付き合いの大切さを訴えています。
清掃行政は、毎日の積み重ね。
ご協力とご理解をお願いいたします。

※8月は35℃の猛暑日start。
皆さん、熱中症には、充分にお気をつけください。
shinichi⌘
image5.jpegimage2.jpegimage3.jpegimage6.jpegimage7.jpegimage1.jpeg
posted by しんちゃん at 21:23 | 日記