2019年03月26日

議会最終日

13時 本会議。

「平成31年第1回江戸川区議会定例会」は最終日を迎えました。
本日を持って我々18期の区議会議員は議場での活動を終えます。
いわば総決算となる本日は、予算特別委員会の報告をはじめ各常任委員長から陳情審査の結果報告があり、19本に及ぶ起立採決。平成31年度予算が成立しました。また、新たに追加された議案については本会議を休憩し総務委員会で審議し、再開後議決。まさに区民にとってもっとも身近な政治、行政という存在感感じる本会議でした。
後半では今期を持って勇退される6名の議員を紹介。それぞれの議員との思い出が胸に蘇りました。
そして今期を持って勇退される方がもう一人・・多田正見区長です。区長は閉会にあたって議場での最後の挨拶に立ち「大変な重責でありましたが区議会、区民の皆様の支えにより5期20年を務めることができました。江戸川区には良き住民性、地域性が育まれ大いに発展し、区民福祉やまちづくりの面で大いに発展するなど、みんなが誇れる街として成長致しました。地域と一体となった本区ならではの取り組みは、全国から注目を集め高い評価を得るまでに至っております。最後になりますが、区長職を退いても江戸川区に対する情熱はいささかも変わっておりません。本区の限りない発展を祈念申し上げます。」と述べられました。
それを受け、私が議長として区議会を代表し「多田正実見区長におかれましては、5期20年の長きにわたり区民第一主義を唱え、不断の決意と強いリーダーシップ、すなわち鬼手仏心で江戸川区政発展にご活躍ご献身いただきました。区議会はこれからも区民の皆さま、行政の皆さんと手を携え笑顔と活力あふれる地域社会、理想の江戸川区実現に向けて努力してまいります。万感の思いを込めて衷心より敬意を表し、心から謝意を申し上げます。区長お疲れ様でした。」

平成時代最後の本会議は無事に閉会。皆さん、本当にありがとうございました。
shinichi⌘
image1.jpegimage2.jpeg
posted by しんちゃん at 21:43 | 日記