2021年01月31日

閉宴です

柴又の料亭「川甚」が閉店しました。「男はつらいよ」第一作の舞台となり、夏目漱石や尾崎士郎など、名だたる文豪の作品にも登場する老舗の名店。創業は寛政年間で、およそ230年余の長い歴史があります。金町にある母の実家と小岩の間という立地にあり、従姉妹と合同での七五三祝い、親戚の慶事や法事、また、結婚式などにもお招きいただきました。そうそう、私の二人の子どもの結納や両家顔合わせなどにも利用させてもらいました。昨年春以来、コロナウイルス禍による売上げ減少など、様々な要因が重なり、今回「閉店」の決断に至ったとのことです。歴史ある名店の閉店は、NHKニュースや新聞各紙で取り上げられ、お店や宴席は賑わい、外見上は、全盛時代さながらの様子。ご縁深いお店が幕を下ろすのは寂しいかぎりです。
最後に「穴子弁当」を購入。家族で食しながら、コイ料理や部屋から見える江戸川の風景など、川甚の思い出を語りました。
8代目にあたる天宮一輝社長は、穏やかで優しい方。私もお世話になりました。
柴又で伝統の味を引き継いできた名物料亭「川甚」。閉宴です。
shinichi⌘
image0.jpegimage1.jpegimage4.jpegimage5.jpeg
posted by しんちゃん at 12:00 | 日記