2018年02月24日

教えを活かす

春を思わせる暖かな日和に恵まれる中、故福島三郎様の七回忌法要が、厳かに営まれました。

亡き福島社長は、福島エンタプライズを経営する傍ら、代名詞でもあった「小岩交通安全協会会長」はじめ、「江戸川北法人会会長」「上一色中町会会長」さらには消防や神社仏閣の総代など、あらゆる公的な役職を務め、江戸川区の発展に、ご活躍、ご尽力してこられました。

また、私が兄事する福島修弘さんの父上でもあり、若い時からご指導いただいてまいりました。

地域や多くの方々にとって、とても大きな存在であり、忘れられない方です。没して歳月が流れても、喪失感を感じます。
教えを活かすことが供養となるものと信じます。 合掌
shinichi⌘
image1.jpegimage1.jpeg
posted by しんちゃん at 20:37 | 日記