2019年05月25日

120年ロマンス

昨日に続き夏日となった土曜日「JR小岩駅開業120周年記念式典」が開催されました。

多くの観客が見守る中、私が相談役として応援する「昴太鼓」の皆さんによる和太鼓の勇壮な演奏でスタート٩(^‿^)۶
ステーションセンター内の俳句や川柳の秀作展示なども含め小岩駅を中心にした街の歴史を再認識するイベントでした。
私は「120年という確かな歴史を礎に再開発は100年栄える小岩をテーマに進んでいます。歴史と未来に感謝。」とご挨拶。
JR小岩駅南北周辺は再開発事業が進み超高層ビル建設や道路拡幅整備など、これから10年の間に大きく変わって行きます。
楽しみでもあり、責任を感じることでもあります。
思えば私の祖父が富山県から東京に来て小岩での生活を始めたのは大正10年と聞いています。周りは商店街などなく田畑ばかりで我が家から小岩駅の列車の発着が目視できたそうです。昭和元年12月「ふじさわ園茶舗」開店し現在に至っています。賑やかなお祝い行事の中で歴史の重みを痛感する機会ともなりました。
小岩駅120周年おめでとうございます。
shinichi⌘
image1.jpegimage2.jpegimage3.jpegimage2.jpegimage4.jpegimage1.jpegimage1.jpegimage3.jpeg
posted by しんちゃん at 22:23 | 日記